2005年ですね、今年もどうぞよろしく! 2005.1.23 (Sun)
お正月を迎えたばかりだと思ったのに、もう23日! ほんとに早いです。歳をとるごとにっていうヤツですね。
それから、今年は暖冬だとかいってたのにね、なんだかかなり寒くないですか? 諏訪湖にも氷が張ったようだし、我が街では結構厳しい寒さが続いていましたよ。寒さは身にこたえますが、今年も何とか鞭打って(もちろん、そっと!)やっていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、今年の始めてのcafeの話題は、ちょっとかわいいもののご紹介です。もしかしたら、新聞やテレビでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、私の友達のご主人(堀内さん)が作った大きな雪だるまの話題です。

ここ諏訪地方は、冬は乾燥した晴天が続いてあまり大雪は降らないのですが、2001年にものすごい大雪(65cmくらい)が降ったときに思い立って自宅に作ったのだそうで、私たちも見に行ってその大きさにびっくりしたものでした。
そして、2002年に地元岡谷市神明町のラーメン店「大石や」さんの駐車場に作って以来、2年間条件が整わず断念していたのですが、今年ついに恵みの雪(!)となりました。私たちにとってはやっかいな大雪なんですけどね〜。
1月15日の午後遅くから降り始め、翌16日朝にはすっかり止んでいたのですが、25cm近く積もっていました。しかもかなり湿っていて、雪だるまを作るにはぴったりだったみたい。我が家ではその頃、重くてたくさんの雪に汗だく、文句をいいながらもご近所みんなでがんばって雪かきをしていました。
さらさらの粉雪じゃ固まらないですからね。量的にも質的にも、この辺で大きくてきれいな雪だるまを作るには、なかなか条件が合わなくて難しいようです。
ラーメンやさん、南側に林がありますし、塩嶺峠の直下で標高が高いですから気温が低いんです。寒っ、ブルブルっていう所じゃなきゃ、すぐに雪が溶けちゃいますもんね。

今年の作品は、うさぎの「ミッフィー」に「ハム太郎」と「リボンちゃん」。とってもかわいいです! 身長130cmですから、大きくてすごく迫力あるし、出来上がりも素晴らしい。普段の仕事振りが、こういうのにも表れますね。とても丁寧です。前回は作り始めから何回か見せてもらったのですが、本当に大変な作業。しかもとびきり寒い!
私たちが子供の頃作ったように、ただ雪を丸めて形にするんじゃないんですもんね。型枠の中にゴミの入っていないきれいな雪を、それはもうしっかり詰めて固めて削り出すんですから・・・。

雪だるまって、当たり前なんですけど、残念ながら暖かいと溶けちゃう! でも、今のところ日中でも気温が低くて寒い日が続いていましたから、雪だるまにとってはかなりいい条件だったみたいです。でもね、やっぱりお天気次第ですから、今後はどうなんでしょうか。ややっ、今、天気予報をネットで調べたら、明日(24日・月)は日中+7°ですって? ほんとかいな! 雪だるま溶けちゃいそうじゃないですか。寒くて晴れた日が続けば、あと幾日かは大丈夫かもしれないのにね。
それでは、見に行かれない方は、このページと堀内さんのHPをご覧いただいて、次の機会にはぜひ実物に会いにいって下さいね。場所はラーメン店「大石や」さんの駐車場です。前回の作品、雪だるま2002もどうぞご覧下さい。私のページのリンク集からもアクセスできます。