フレンチブル、キターーー(゛∀゛)ーーーッ!! 2005.10.17 (Mon)
えっ、何それ? っていわれそうだけど、我が家の秋のメインイベント「FRENCH BLUE MEETING」に行ってきたんですよ。今年のステッカー、かなりやんちゃなフレンチブルドッグがぶっ飛ばしてるっていう、今までとはちょっと毛色の変わったイラストで、そこに「フレンチブルー、キターーーッ!!」って入っているんだけどね、私だったらやっぱこうだわねって思って。
今年ももちろんいたんです、フレンチブル。かわいいでしょ。でも、顔デカい(笑)。このアンバランスで愛嬌たっぷりのところがいいんだよね。Cooper氏、結構お気に入りのわんこです。
今年もわんこ連れがかなり多くて、いっぱい写真撮ってきたので、お気に入りのわんちゃん達に登場してもらいました。白黒水玉にピンクの手袋または重ね着風のわんこはワイヤー・フォックス・テリアなのかな。おしゃれして、しっかりお母さんにだっこされてましたよ。片目にバッチリ黒ブチが入ったブルテリアは、やっぱり個性的だね。それにしてもみんなきれいだし、可愛がってもらってる様子でした。

さて、今年は1週間ほど前から15、16日は雨降りの天気予報。1年前からこの日を楽しみに待っていたCooperさんですから、それはもうがっかりのご様子で、毎日何度も天気予報をチェックしてました。土のグランドで開催されるイベントだから、雨降ったらどうしようもないものね。
半ばあきらめつつ、それでもせめて小雨程度ならって思っていたのが、何と日曜日は雨が上がった! 明け方まで降っていたんだから、出かける人も準備をする人もみんなほんとによかったでしょうね。去年のように抜けるような青空っていう訳にはいかなかったけど、晴れたり曇ったりだったし、何より暖かかったもの。
朝7時前に自宅を出発して、霧ヶ峰経由で45分ほどで到着。霧ヶ峰に上る途中はかなり濃い霧の中でした。ビーナスラインは去年より少し紅葉は遅いみたいだけど、でもすごくきれいでうっとり。家からわずかの時間でこんな景色を見られるんだもの幸せだよね。
イベントの始まりは8時なんだけど、今年ももうかなりの車が来ていましたよ。ずらりと並んだ車の中で、一番遠かったのは北九州のナンバー。みんな遠くから気合い入れてやって来るんだね。

去年と同じ特等席にイスを置いて、まず休憩場所を確保。今年はでっかいイスを担いできたから、しっかりゆっくりと休めそうです。それが済んだら、モーニング用のおいしい物をGETです。鹿のパテの入ったサンドイッチ、今売り出し中の信州のジビエなんだけど、おいしかったですよ。二人で半分こしたんだけど、おいしかったのでランチ用におかわり買いにいっちゃいました。作ってくれたのはフランス人のシェフ。だからやっぱりおいしいのかな。あとは鴨の何とか(名前忘れちゃった)のランチボックスとフレンチピザ、それから温かいコーンポタージュ、もちろんデザートのケーキもね。コレステロールたっぷりのお食事だったけど、今日だけだもん! 明日から粗食で行きますから許してねと・・・。私の場合、ほとんどこれが楽しみで行っているようなもんですから、はい。

ステージでは、アコーデオンを弾きながらのフレンチミュージックがとってもいい感じでした。フランス語ってフランス人が自負しているだけあって、やっぱりすごく音楽的で美しい言葉なのかも。テント村を覗きながら歩いていると時々フランス語が聞こえてきたりして、ちょっとだけフランス気分を味わえるし、当たり前だけど見渡す限りフランス車だらけだし・・・。そうそう、普段は滅多に会わない私の愛車シトロエンBXだけど、ここに来るといっぱいいるねー。ぜんぜん珍しくないわ。

Cooperさんはルノーの「Owners Working Manual」っていう、英語版の整備書を買ったのが大満足だったみたい。フランス語じゃぜんぜん読めないけど、英語なら辞書を片手にちょっとは解りそうだもんね。でもせっかくフランス車に乗ってるんだから、フランス語勉強してみる? なんちゃって。
今年はCooperさんのルノちゃん、残念ながら部品待ちで工場入りしたままなのでここに乗ってこれず、すごく残念そうでした。でも、秋の一日をフランス車三昧でしっかり楽しんでいたから、それでもまあまあよかったかな。
私も、まだ少し早いけど、でもとってもきれいな紅葉を愛でつつ、イスに座ってのんびり雑誌を見たり、時々ショップを覗いたり、はたまた人間&わんこウォッチングを楽しんだりと、久し振りにのんびりした1日を過ごしました。終わっちゃったフレンチブルーだけど、また来年のお楽しみ、首を長〜くして待つことにしましょう。
 Mr.Cooper の FRENCH BLUE MEETING 2005 フォトアルバムです。