暖かい冬ですね! もう春? 2007.2.6 (tue)
今年初めてのBesn’s cafe ですが、もう2月になっちゃいました! 立春も過ぎて暦の上では確かに春なんだけど、今年は本当に冬らしくない1月でしたね。ウォーキングに行ったら、ネコヤナギの芽がかなり膨らんでいるし、気持ち悪いくらいほんとに温かい! 宇宙船地球号、大丈夫かいな?
1月は我が家では二人続けて具合が悪くなって、何だかなぁって思っているうちに終わっちゃいました。去年の暮れに丈夫な体と心が欲しいって書いたばかりなのに、いきなりこれだもの。とはいいつつ、二人ともやっと元気になったから今年もぼちぼちやろうかなって思っていた矢先、今度は約1名、別口で治療中。いろいろありますねぇ。そんな訳で相当遅いご挨拶ですけど、皆さん今年もよろしくね。
あっ、でも具合は悪かったけどうれしい事が一つ。体重が減った! 3kgも。その後1kgくらい戻っただけだから、このままならもっとうれしいんだけどね。

ところでお正月明けには雪、降りましたね! うちのところ30cm以上積もってましたよ。最初に積もったのはみぞれのような雪で、その重い事ったら半端じゃない! で、そのうちだんだん寒くなって軽くはなったけど、思った以上にたくさん降って大雪じゃあないの。ほんと雪かきが大変でした。今ならまだ何とかできるけど、やっぱり歳取ったら体力なくてできないよね。
一度車が通った所は圧雪になって、その後は凍って「つるはし」じゃなきゃ歯が立たないもの。1月の大雪はやめてほしいな。せめて10cmくらいにしてね。降るべき所に降らなくて、いつも降らない所に降るのはやっぱり相当な異常気象でしょう。豪雪地で雪祭りができないかも、なんて心配しているくらいなんだものね。

うちの辺りでも氷点下10°以下の日ってほとんどなかったし、ほんとに暖かくて3月の陽気なんてね。すごく楽だけどやっぱ変だよね。諏訪湖ももちろん凍ってません。そうそう、この間白鳥さんを見に行ったんだけど、なんと1羽もいませんでした。みんなでどこかへお出掛けしてたみたいで・・・。そのかわりカモはい〜っぱいいたよ。よく見るといろんな種類のがいて、きれいだしとってもかわいい。白鳥が写っている写真は1月1日、Cooperさん恒例の「自転車で諏訪湖一周」の時のもの。その時はこんなにいたみたいなんだけど。
すぐ隣には諏訪湖ハイツの足湯もあるから、皆さんもぜひお出掛け下さいな。私は時間がなくて入れなかったけど、ロケーションもいいし気持ちよさそうだよ。今度はぜひ入ってこようっと。

さて最近私の頭の中では、小椋佳の「木戸をあけて」や「少しは私に愛を下さい」がよく流れてます。1月の初めにBSで放送されたのを録画してあって、やっと先週見たから、それ以来ずっとBGMになってるって訳です。ファーストアルバムから数枚は本当によく聞いていたので、懐かしく口ずさんでいます。久しぶりに聞いたけど沁みるなぁ。もう63歳になるんだっていうんだけど、昔よりずっといい感じ。な〜んて本人は簡単に言われたくはないでしょうけど、かくありたいと思う今日この頃。
そういえば、去年はやっぱりテレビだけど、井上陽水も見たし、吉田拓郎とかぐや姫のつま恋コンサートも見たなぁ。みんないいオヤジになって(っていう事は、私も相当のオバンになって)、尖ってた人もある意味まぁるくなったんだね。それぞれ長い間にはいろいろあって、それが人となりとなって表れてくるんでしょう。「みんな、よく来たね」なんて話しかけて、コンサートの最後には深々とずっ〜〜と頭を下げ続けていた吉田拓郎がすごく印象的だったもの。

人間って基本的な性格はそう変わらないんだろうけど、病気をしたり大変な事があったりして、歳を重ねながら積み重なっていくものがあるんだね。井上陽水も小椋佳も、曲はもちろん素晴らしいけど、その詩の世界が深くて心に沁みて聞いていた気がするなぁ。若くて青くて、悩みある時代だったから・・・。同じ曲を聴いて同じ時代を過ごした私たち。「未熟の晩鐘」っていうコンサートタイトルをつけた小椋佳さんの心の内を想う、今日の私です。