終活!そして断捨離! 2015.05.16 (sat)
相変わらずの気温差の激しいお天気。もうこれが当たり前と思わないといけないんだわねきっと。ここ数年、50年に一度の大雨みたいなのが度々あるんだから、今までと今後はまるで違いますよっていう事なんじゃないのかしらん。いつどこで大災害があっても不思議じゃないっていう事だよね。備えあれば多少は安心だけど、考えられないほどのものすごい雨や雪が降ったらお手上げ。天に任せるのみだね。
さて、花粉症も例年通りGWの頃にはいつの間にかすっきりなくなり、やっと開放された気分。今年は始まるのが早かった気がするけれど、特に重症ではないから薬も飲まずに耐えられてよかった。花粉症になり始めた頃よりは軽くなっているのが、せめてもの救いっていう事でこれくらいは我慢しなくちゃかな。

今年もやっぱり4月にも雪降りましたねぇ。8日、3cmくらい積もったけど、さすがに春の雪、1日で消えてしまいました。そして桜が咲き、いよいよ新緑! ワタクシ一年の中で一番好きな季節ですわ。桜もいろんなお花もきれいだけど、新緑の柔らかい緑は本当に目に沁みる、心に沁みる。写真は今朝の我が家の「山もみじ」。雨が降ったので生き生きしてるねえ。去年剪定したせいか、ものすごい枝が出て鬱蒼としてるんだけど、1階が日陰になってすごく涼しいの。でもあまり茂りすぎると病気になりやすいようなので、少し間引かなければ。
寒い寒い季節をじっと耐えて、でもしっかり芽吹くんだもの、すごいね木々は。寒いのも暑いのも苦手なワタクシ見習わなければ。もうすでに県内でも真夏日を観測した日もあったし、それにしては朝晩は寒かったりで、体がね、「こんなんじゃ付いていかれません!」と申しておりますのよ。

さて4月には父の7回忌がありました。早いねぇ、本当に。6年なんてあっという間。この間にもいろんな事があったはずだけど、なんだかみんな忘れちゃったな。この頃は何かしようと思っても振り向いただけで忘れちゃうような日々なので。で、このBean’s cafeが役に立つのですよ。何があったか書いてあるので、時々見返すと「あぁ、そうだった、そうだった」っていう事になる訳で。
忘れる事は人間にとってすごく大切な事なんでしょうけど、あまりによく忘れるので、これから先どんな事になるのやら、そら恐ろしいわい。でも忘れたっていう事を自分でわかっているうちはまだ大丈夫らしいので、年相応という事であきらめましょう。

そうそう、ぞうさん、千葉県市原市の「ぞうの国」のぞうさんたちですよ。ここに行くつもりは全くなくて「東京ドイツ村」に行く予定だったんだけど、周辺道路がものすごく込んでいて入れそうにないという事で、急遽ここに連れて行ってもらったの。この歳では一生行く事はないだろうと思っていた動物園。若いぞうさんたちはかわいかったよ。絵を描いたりする子もいたし、でも一番小さい子はやんちゃで言うことを聞かなかったり。この頃人気の「カピバラ」さんもたくさんいて触らせてもらったけど、思いがけず剛毛だった! なんかね、柔らかい毛を想像してたのでちょっとびっくり。とってもおとなしい事もわかったわ。ここにいるみんなは自然の中で過ごしている訳じゃないけど、ここにいても幸せであってほしいなぁと思いながら帰ってきたのでした。

さてさて我が家、いよいよ冷やし中華ならぬ「終活」始めました。まず何十年も飾った事のないお人形(新婚時代、お雛様の時にもらった)をご供養してもらってお別れ。飾る予定のあるのは納戸にしまってあるので、来年2月にはお顔を見られる事でしょう。そして、この間ものすごく久しぶりにやっとフリマに出ていらないものを譲ったり、売ったりしてきたの。古い物好きでもったいなくて捨てられない同居人1号のものがたっくさんあったのよ。しかも大物多し! あっ、はいはいワタクシにも少々ありますけど。断捨離も実行中ではありますが、なかなか手放せないものが多くてね。だからなるべく買わないようにしてるんだけど、趣味の「本と和食器」は少しずつ増えているような。でも捨てるっていう事はできないので、次の方に使ってもらいたいなと。感性の合う方にもらわれていくと私も嬉しいしね。今回のフリマでも「私こういうの大好き!」とおっしゃって買ってくれた方がいたので私もうれしかったな。
だんだん体力・気力がなくなるのがわかって来たので、今の内にやらなくちゃ。直射日光に本当に弱い二人なので、涼しい日を選んで今後もフリマに出ようかなと思ってるのだけれど、ことのほか疲れるのがねぇ。今回も体力回復に1週間! なんだかねぇ。この日は気温20°以下で涼しかったのに、日に当たるだけで本当にダメ。これからは寒い時じゃなくちゃ出られないかも。

最後のお写真、Cooperの最新作「プラとお米専用家具」ですよ。分別プラは洗って乾かした後、大きめのレジ袋に入れてキッチンに置いてそれが一杯になるとプラ用の袋に移し替えていたんだけど、そのレジ袋を置いておくのが見苦しかったようで。とある所で見た家具をヒントに端材を使って専用家具を作っちゃった。下にある引き出しにはお米を入れるようになってるの。上も開くのでそこから入れて、中にある箱(大きさぴったりに段ボールでCooperが作った)が一杯になったらそれを持ってプラ袋にいれるという寸法。単なる入れ物だけではつまらないので、側面にはクラシックなタイルをはめ込み、正面にもちょっと飾りのサインを。色も我が家に合うクラシックな色に塗装して完成しました。そうそう、動かせるようにキャスター付きなので、どこにでも移動可能。「完全オーダーメイドなので、10万円いただきます」だって!