栗きんとん

秋という季節を一番感じさせてくれるものって、やっぱり栗でしょうか。そんな栗をいつもたくさんいただくので、いろいろ作って楽しんでいます。でも最大の問題は皮をむくのに手が疲れて困ること。これにめげずに頑張るとおいしものが食べられのですが・・・。
栗100%の栗きんとんを作ってみました。お正月に作る、栗の甘露煮とさつま芋を使った「栗芋きんとん」とはだいぶ違う、ちょっと贅沢な「純栗きんとん」です。
「くちなし」も加えないので自然のままの、きれいな色とはいえない仕上がりですが、これが茹でた栗そのものの色なんですね。
作り方は、まず栗をゆで、2つに切ってスプーンで中身を取り出します。お鍋にこの栗と水を加え、ポテトマッシャーで潰しながら弱火で煮ます。焦げないように時々かきまぜて下さいね。つぶつぶが少なくなったら砂糖を加え、しゃもじでかき混ぜながら水分を飛ばします。
適度な硬さになったら火から下ろし、あら熱がとれたら茶巾に絞ります。ラップで絞るとそのまま保存できますので、手間もかからず簡単ですね。
甘さ控えめにすると栗の味が引き立ち、とってもおいしい! 抹茶でいただくと、季節を感じる贅沢な時間を一層味わえるような気がします。ぜひ作ってみて下さいね。