そばぜんざい

なんと自家製のそば粉をお友達からいただきました。暑い時期に種を蒔いて晩秋に収穫し、製粉はよそでしてもらったのだそうですが、お母さんと一緒に作って下さった貴重なそば粉です。自家製そば粉って何だかとってもすごいなーと思いますね。
そばに打てば5人前くらいはあるのだそうですが、残念ながら私にはそば打ちの技術も道具もないので、「そばせんざい」と「そばがき」をつくろうかなと思ったのです。実は、すぐ食べられる「あんこ」まで一緒にもらっちゃったんですよ。だからすぐできちゃった!っていう訳。とてもうれしいプレゼントなのでした。

作り方もいたって簡単。そばがきの要領で、そば粉に熱湯を入れてかき混ぜ、少し練ります。耳たぶよりだいぶ柔らかめにしましたが、固さはお好みで・・・。柔らかいのがお好みでしたら、お湯の量を多めにし、固めがお好きでしたら少なくしてしっかり練ればいいですね。
好みの濃さと甘さにしたあんこの中に、このそばがき状のものを、水で濡らしたスプーン2本を使って落としていき、しばらく煮ます。固いものでしたら手で団子状にして入れればOKです。
ただこれだけの超簡単なぜんざいですが、普通のお餅のぜんざいとは違ったおいしいさ! とても滑らかでもちもちしていて、かつ、そばの風味があるおいしいぜんざいの出来上がりです。つぶあん好きの我が家ですから、もちろんつぶつぶの、甘さ控えめがお好み。お漬け物とお茶を添えて、午後の一時にいかがでしょうか?