おせち 2003

  
    

あけましておめでとうございます。よいお正月をお迎えでしょうか。
我が家もまずまず穏やかなお正月、というところでしょうか。昨年の暮れに換気扇の掃除をしていて腰をひねり、腰痛になってしまった私ですが、今日はだいぶよくなっておせちをいただきました。ひどくならなくて、ほんとによかった!
そんな訳で、今年のおせちは、作ろうと思っていた伊達巻きや炒り鶏、紅白なますなど、何種類かは取りやめてしまいました。痛いし、疲れるしで、たくさん作るのはちょっと大変でしたので・・・。大きめのお皿を使い、彩りのきれいなものを並べれば、それだけであらたまった感じがして、おせちらしくなりますね。

元旦の朝、おめでとうございますのご挨拶のあと、我が家ではまず生菓子と豆・栗・干し柿と漬け物でお茶を飲みます。花びら餅と黒豆、甘栗に干し柿です。干し柿は白い粉がきれいにふいて、今年も上手にできました。「まめで、くりくり、かきとる」という例の慣例に従ってという事で、これがお決まりです。花びら餅は31日にお友達から、漬け物は、信州らしく野沢菜と、大根の甘酢漬け。これも漬け物上手のお友達にもらったもので、とってもおいしいのです。みんな、ありがとう。
さて、一の重代わりは、伊達巻きならぬ出汁(だし)巻き・かまぼこ・海老の旨煮・たこ・かずのこ・酢蓮根・鮭の昆布巻きです。そして、ひたし豆。伊達巻きができなかったのは残念でしたが、この出汁巻きもけっこうイケテる感じ(!)で、これも以外とよかったかも。

さて、二の重代わりは、丹波の黒豆・鮒の雀焼き・川海老の甘露煮・豚の角煮・たたき牛蒡。雀焼きと川海老は、おいしいといわれるお店で購入したもの。丹波の黒豆はいつもながら、大きくつやつやと煮上がるのでお値段は少し高いけれど、お正月は奮発してたくさん煮ます。黒豆や角煮は2、3日前から少しずつ火を入れるので、31日に頑張らなくてもいいので楽ですね。
そして、今年もはずせない、大好きな松前漬けと栗芋きんとん。するめを切るのに手が痛くなりながらもがんばりました。ゆずを入れて香りよく作ります。栗芋きんとんは、今年も茶巾絞りで、かわいらしく食べやすく作りました。
我が家のお雑煮はこのところずっと、はまぐり入り。みつばとかまぼこに、香りのよいゆずをあしらい、あっさり味ながら、はまぐりの出汁の効いたお雑煮が気に入ってます。

今年も元気でおいしいものが食べられる一年でありますように・・・。皆さまのご健康を心からお祈りしています。
TOTORO’sのホームページを、今年もどうぞよろしくお願いいたします。