おせち 2005おせち 2005

よいお正月をお迎えの事と思います。大晦日には我が家の辺りでも20cm以上の大雪が降り、お掃除やおせち作りにただでさえ忙しいのに雪かきまでしなくちゃと、空に向かって文句をブツブツ。元旦はよく晴れたのですが、この雪では初詣に行く気にもならず、おこたつの番をしながらのんびりしてました。皆さんの所はいかがでしたか?
さてお正月といえばおせちですから、今年もつい頑張ってしまいました。お陰で口内炎3個と腕や背中の痛み、それにお疲れ〜〜状態ですが・・・。でもね、おせち好きですし、できるだけのんびりしたいお正月には、何回か食事作りの手抜きができるでしょ!
皆さんはおせち好きですか? 今年の成果はご覧の通り、ぜひ見て下さいね。


一の皿

縁がグリーンで、かわいい赤い実が描かれた丸皿は、おめでたいお正月にはぴったりかなと思って使ってみました。
酢蓮根・鮭の昆布巻き・柚入り紅白なます・たたき牛蒡・明石の蒸しタコ・蒲鉾・キンカンのイクラのっけ。さっぱりした酢の物って、味の濃い物が多いおせちにはなくてはならない感じですね。ゴマをたっぷり使ったたたき牛蒡は大好きで、毎年たくさん作ります。蒲鉾とタコは生協で購入したものです。
きんかんがかわいくてよかったかも!

これが毎年一番の苦労の元(!)、松前漬け。たっぷりの酒と味醂は火にかけてアルコール分を飛ばし、冷めてから醤油を加えますが、かなり控えめな量にしておくとしょっぱくなくておいしく食べられます。
全体の色がかなり赤くなりますが、私は人参が好きなので、たくさん入れてコリコリした食感を楽しみます。香りのよい柚ももちろんはずせません。好きな方は、これに数の子を入れてもおいしいでしょうね。

松前漬け
丹波の黒豆

黒豆はやっぱり「丹波」です! と言い切る私。だって普通の黒豆とは煮上がりがぜんぜん違いますもん。ツヤツヤした黒豆はおせちにはなくてはならないものですよね。我が家では甘さ控えめで柔らかく煮ます。
隣は今年玄関に飾った小さな生け花。黄色のフリージアはとても香りがよくて好きです。小さな凧をさしたら、よりお正月らしくなりました。

中央のお椀の中は、ニューフェイスの「切りいか」。昔母が作っていたのを思い出し、初めて作ってみました。細く切ったスルメが売ってるのですごく簡単。何だかとても懐かしい味がしました。栗芋きんとんは定番ですね。
手前の豆は「ひたし豆」。よくある青大豆ではなく、海苔豆とか鞍掛豆とか呼ばれる豆です。ちょっと海苔の風味がするような・・・。右側の大きな豆は原村産「紫花豆」の甘煮。大きくて食べ応えのある豆ですね。こちらはかなり控えめの甘さでした。まあいいか。
Mrs.Beanですからね、豆料理はいろいろ作るの。

栗芋きんとんと切りいか
二の皿

アイボリーの角皿には、伊達巻き・海老の甘辛煮・チャーシュー風煮豚・煮卵・数の子入り柚釜です。おせちに海老があるのは、色もですが長寿の意味があるようですから、腰が曲がっているかのように丸めて煮ます。
伊達巻き、今年もハンペンを使って焼いてみました。我が家製は市販品のように甘くしません。砂糖はほんの少しだけ、味醂で少しだけ甘さを出すように味付けしました。小さな卵焼きフライパンでもちゃんとできますよ。作ったことのない方も、来年はぜひどうぞ!

さてこちらは、元日の朝のお茶風景。豆に栗に干し柿でお茶を飲みます。いつものように、お友達からの年末プレゼントの「花びら餅」と、漬け物上手な姉からもらった大根と野沢菜のカブの糠漬けです。
信州では大晦日の夜、「お年取り」といってご馳走を食べます。家族だけの忘年会ですね。おそばだけじゃないの。ちなみに今回は、Cooperさんのご希望で「きりたんぽ入り鴨鍋」に。それにおつまみいろいろでビールを飲みました。で、最近はたくさん食べると元日の朝はぜんぜんお腹が空いてない! やっぱり年いっぱい取っちゃったから、食べられなくなったみたい。残念だわ。

元旦のお茶

今年も元気で過ごしたいですね。そして、災害のない1年でありますように・・・。
皆さまのご健康を心からお祈りしています。
今年も Mrs-Bean.net を、どうぞよろしくお願いいたします。