アジのなめろう・さんが焼き

同じ材料を使って2バージョンって、いいですよね。手抜きかっていわれそうだけど、生でそのままと、焼いて食べるという2通りのパターンなので、同じ材料でも飽きずに食べられるのが魅力です。
房総半島あたりの漁師さんが作って食べていたそうですから、簡単で早いわけですね。刺身用におろしたアジを使えばすぐできます。材料は、アジ・しょうが・ねぎ・青しそ・みそ。たったこれだけです。「なめろう」はあまりのおいしさに皿までなめた、というところからついた名前だとか。さんが焼きは、このなめろうをフライパンで焼いたものです。シソの葉で包んでも包まなくても、お好みでどうぞ。
作り方も至って簡単。アジを細かく切ってからよくたたき、みじん切りのしょうが・ねぎ・シソとみそを加えてよく混ぜます。少しねばりが出るくらいでしょうか。味をみてシソを敷いた器に盛れば出来上がりです。
このなめろうを小さなハンバーグ状にし、ごく薄く油を敷いたフライパンで焼きます。シソで包むと彩りもきれいで香りもよくおいしそうです。焼きたてのアツアツは特においしいですよ。
どちらもお酒にぴったりという感じですが、味噌味がついているので、さんが焼きはお弁当のおかずにしてもいいですね。なめろうは白いごはんにぴったりなので、丼にしてもおいしそうです。