鶏手羽元と卵のさっぱり煮

我が家は骨付き肉が大好きです。スープ煮にしても骨からいいダシが出てとてもおいしいし、焼いてもしっかりした味や歯ごたえが最高です。
これは酢をいれて煮る、手羽元のさっぱり煮です。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、酢を買ったときにビンについていたレシピを我が家風にしたもの。1度作ってから気に入って定番になりました。
手羽元は骨のところから血やあくが出るので、1度茹でこぼします。ゆで卵と、今回は旬のタケノコの歯ごたえのある堅い部分を使いました。冬は大根がおいしいです。
ひたひたまで水を加えたら、酒・砂糖・酢・醤油の順に調味料を入れ、ローリエ1枚を加えてゆっくり煮ます。弱火で1〜2時間くらいかな。最後に味醂を加えたら火を強くして少し煮て、止めます。できれば少し時間をおいてから、温め直して食べた方が味がしみておいしいです。
酢を使っているので手羽元はとてもやわらかく、骨からの身離れもいいし、軟骨までとてもおいしく食べられます。味のしみた卵もとってもおいしい!
ゼラチン質をたっぷり含んでいるので、女性にとってはお肌にもいいですね。お好みで、唐辛子をいれて、ピリ辛にしてもおいしいです。