Cooper's Garden

我が家は、敷地面積45坪、建坪が18坪ですので、駐車場を2台分確保すると、庭の部分はほんのわずかしか残りません。MINIより大きなRENAULT 8Sに買い換えたため、駐車場の拡張とカーポートを付けるために庭のリニューアルをおこないました。基本的なレイアウトは私が考えて、施工をプロに依頼しましたが、その仕上がりには、大満足。全体にクラシックでしっとりした雰囲気に仕上がりました。緑あふれる庭を眺めて、そのむこうに見える愛車・・・。ほんとうに心が安らぎます。


Cooper's Gardenから、駐車場を望む。 庭の部分には、野芝を植えてあります。ざくざくとした雰囲気がなかなかgoo! また、歩く部分に枕木を埋め込みました。庭は一見平らに見えますが、実は部分的に盛り上げてあって、変化があります。さすがプロの技! シロウトでは、こうはいきません。


Cooper's Gardenのメインツ
リー、山もみじ
(高さ5m)

今までの庭は、全体を平らにしすぎて立体感がありませんでした。今回は思い切って上下方向に高さの変化をつけようと、メインツリーのボックス部分はアンティークレンガを積んで高くしてあります。50cmほどの高さですが、このボックスがあるだけで、とてもメリハリのある庭に仕上がりました。また、軒の出の少ない我が家ゆえ、夏の暑さを少しでも和らげるため、上の方に枝の茂った山モミジを選びました。

←駐車場からのアプローチ
境にはアンティークレンガを使用してクラシックな雰囲気を演出。また、枕木を立てて、心理的区切りに。飾ってあるプレートは、オールドトラクターのレリーフ。
 
 奥のドウダンツツジ→
その奥に枕木。ラティスフェンスを通路との境に使用。こちらも、クラシックな雰囲気に。

朽ちていく炉とテラコッタたち

実は10数年前に作ってもらったバーベキューの炉ですが(当時周りには家がなかったので、庭で楽しめるかと思って作ったのですが・・・)、ほんの数回使っただけで、今は目地も抜けてほとんど壊れてしまっています。でも、テラコッタを置いてみたら、ちょっと朽ちた感じがいいかも、という事になり、いくつか飾ってみました。物置の陰であまり陽も当たりませんので、太陽が好きな花には向かないようです。


 玄関脇BOXのシャラ


ウヰスキー樽に寄せ植え

道路側からのながめ。 左側がMrs. Baenの愛車CITROEN BX、右がMr. Cooperの愛車Renault 8S。駐車場は、2台の車が横に並んで収まるドンピシャリのサイズ。奥にCooper's Garden。庭の右の部分は馬入れと呼ばれる、90cmの通路が奥に向かって延びていますので、敷地が目一杯使えます。駐車場の床はピンコロ石風タイル。


設計・施工

はまけん造園
長野県岡谷市山手町2-12-27
TEL・FAX 0266-24-1316
携帯 090-6944-9995