R8S 気まぐれ日記

[ 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 ]

2006/11/25

白馬へドライブ白馬へドライブ  何年振りかで白馬方面へドライブへ。我が家にとっては結構なロングドライブです。この日は素晴らしく天気がよくて、北アルプスのなんと見事な事! ビューポイントで撮影しました。まるでヨーロッパアルプスを連想させる景色・・・、ハハッ、一度も見たことないけど! ジャンプ競技場も見えていますがわかりますでしょうか。八方尾根は私たちが若かりし頃、朝早くからよくスキーに来たところです。あれから何年? いや、何十年か。


2006/10/22

まぼろしのFBMまぼろしのFBM  1年に1度、私にとって一番の楽しみにしていたフレンチブルーミーティング。今年は、メイングランドに駐車してフルに楽しもうと、ペンションも早々に予約して準備万端のはずでした。それなのになんと22日に法事が・・・。残念! それでも諦めきれずに、予約したペンションに宿泊して雰囲気だけは楽しんできました。料理がとてもおいしく、薪ストーブの暖かさやその存在感に感じ入って大満足でした。もう一度、FBMではない時に泊まりに来て、ゆっくり料理を楽しみたいものです。写真は22日の朝、宿泊したペンションの駐車場で、大好きなシトロエンGSとの2ショットです。その後擦れ違うフランス車を横目で見ながら、泣く泣く車山を後にしたのでした。


2006/9/17

キックプレートキックプレート  2004年のFBMで購入して以来、もったいなくて飾っておいたキックプレート。せっかくあるんだから使わなくては意味がないと、ついに取り付けました。乗り降りでボディーがキズ付かないので安心です。


2006/7/9

オーバーヒートオーバーヒート  久し振りに軽井沢へでも、と向かう途中の和田峠のトンネル手前で警告灯がついてストップ。リアのエンヂンフードを空けてみると、ガラス製の冷却水のリザーブタンクがコーヒーサイフォンのごとく化してボコボ言ってる! まさにオーバーヒート直前でした。当然軽井沢行きは取り止め。修理工場へ。しかし原因不明。その日の午後、修理工場からの帰り道、塩嶺峠でまた警告灯がついて、本日2度目のオーバーヒート直前。これはやっぱりおかしいとVoituretteでしっかり点検してもらうことに。ついでにリアから変な金属音が出ている事、ブレーキが鳴く事も伝えて、一緒に見てもらいました。ラヂエターは中が詰まって半分機能していないとの事なので、中のコア部分だけを新品に交換、リアの異音は、エンヂンとミッションのマウントのゴムが劣化してダメなので交換となりました。ブレーキの鳴きも解消。ほぼ1か月振りに絶好調となって我が家に戻ってきた翌日、霧ヶ峰・蓼科方面へドライブしました。途中で雨に降られてがっかりでしたが、変な音もしなくなり静かで心地よいエンヂン音を響かせて走ってきました。


2006/4/9

ビクトリアンクラフトビクトリアンクラフト  アンティークの椅子が並ぶ、ビクトリアンクラフトにて。まるでヨーロッパの街角に佇むRENAULTのようでしょう。って、実際には行った事もないんだけど。アンティークなお店の雰囲気と椅子たちが、やっぱりアンティークなRENAULTにはぴったりだと思います。でも、家具のように100年も使うなんて訳にはいきませんね。すでに部品がなくなってきて大変ですから。


2006/2/18

ファースト ドライブ2006年初乗り  昨年の12月から冬眠に入り、早2カ月半。今朝は晴れて放射冷却で冷え込み、雲一つ無い素晴らしい天気になりました。先週の暖かさで路面にも雪は全く無い状態。RENAULTに乗るには最高の日和です。ボディーカバーを外し、エンヂンを掛けると案の定バッテリーが弱っていて、セルモーターが力強く回らず、エンヂンは掛かりません。仕方なくシトロエンから電気をもらって再始動。2カ月半全く乗っていなかったにも拘わらず意外とあっさりと始動成功です。ブレーキオイル・エンジンオイル・冷却水など入念に点検。空気圧もだいぶ減っていました。所用のため山梨へ出掛けたのですが、長い事乗っていなかったにも拘わらず終始RENAULTの調子は最高でした。写真は、その帰り道サントリー登美の丘ワイナリーでのショット、正面にかすかに写っている富士山がわかるでしょうか?


[ 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 ]